ピュリナワン『優しく腎臓の健康サポート チキン』の評価は良い?悪い?

ピュリナワン『優しく腎臓の健康サポート チキン』の評価は良い?悪い?

 

ピュリナワン『優しく腎臓の健康サポート チキン』は高齢期になる猫ちゃんが多く掛かると言われている腎臓の健康を維持してくれると評判が高いフードです。

 

猫は7歳以上になると3〜4割が腎臓疾患を持っていると言われています。予防する為には普段のフードにどれだけ気を配るかが重要です。

 

勿論、ピュリナワンがどの猫ちゃんにも合う訳ではありません。良い口コミ以外にも悪い口コミもありますので購入前にしっかりと理解しておきましょう。

 

 

ピュリナワン 腎臓サポートの不満な口コミ

 

 

定期便購入でしたが・・・。

 

別のタイプのピュリナを与えていましたが、この腎臓サポートだけ食べてくれません。
長生き猫用と美味を求める猫用と腎臓サポートを並べても、腎臓だけ手を付けてくれません。

 

口に合わないみたいなので定期便は止めようと思います。


 

 

うちの子には粒が大きかったです。

 

15歳になる愛猫ですが、とうとう最後の一本の歯が抜けてしまいました。粒が大きくて食べづらいみたいです。
代わりの物が見つけられずにいて困っている所です。


 

 

食い付きが全く良くないです。

 

食い付きが良くないです。食べて欲しいのですが香りもあまり感じませんでした。

 

期待していたのですが、食べてくれないのであれば続ける事が出来ません。残念です。


 

口コミ自体が非常に良かった為、悪い口コミは本当に少なかったです。その中でも多かったのが食い付きがあまり良くなかったという事でした。腎臓のサポートタイプのフードという事もあって高齢の猫ちゃんに食べさせてあげたいという飼い主さんが多かったのですが突然フードを変えると食べない事が多いみたいですね。

 

できれば慣れるまで元々の餌と混ぜて様子を見た方が良いかもしれないですね。

 

ピュリナワン 腎臓サポートの満足な口コミ

 

 

腎臓が弱っている我が家の老猫にピッタリでした

 

尿が黄色くなる事が度々あって腎臓が弱ってきている様です。その状態の時は水を飲んで暫くすると治ります。

 

腎臓が弱くなっている我が家の老猫にピッタリで凄く良く食べて、16歳になった今も元気に過ごしています。


 

 

14歳の愛猫が好物です。

 

元々野良猫ではありますが病気もせずに元気で過ごしてくれています。
でも、今年の健康診断の時には腎臓の数値が高いと言われてしまい元々の毛玉ケアからピュリナワンの腎臓サポートに変えました。

 

切り替えて半年経ちますが飽きずに食べてくれています。小食な猫なので1kgタイプがあると嬉しい所です。


 

 

10歳になるスコティッシュです。

 

健康診断で腎臓の数値が上がってきていると言われて慌てて腎臓サポートに切り替えました。

 

こういうサポートしてくれる物って香りが弱かったりと猫が食べないというイメージがあったのですが、食い付きも良くかなり気に入ってくれているみたいです。

 

療法食でも無いので安心して食べさせてあげています。


 

腎臓サポートも他のタイプのピュリナと同様にかなり評判は高かったです。老猫の腎臓サポートとして非常に人気があるのですが、腎臓の疾患は飼い主さんでは気が付かない事が多いみたいです。健康診断で気付いているみたいです。

 

あくまで、ピュリナワンの腎臓サポートは腎臓疾患の療養食ではなく病気を予防したり悪化させない様にする為の健康フードです。
ですので、腎臓の数値が上がったりしているのにフードだけ変えて安心せずにしっかりと病院に愛猫を連れて行くようにしましょう!

ピュリナワンの腎臓サポートには何が使用されているの?

 

猫にとっても飼い主さんにとっても悩みの一つとなる腎臓をサポートしてくれるピュリナワンですが、どの様な原材料が使用されているのでしょうか?猫ちゃんの健康を害してしまう様な物が入っているのであれば、とてもじゃないけど食べさせる事なんてできないですよね。

 

どの様な原材料が使われているか調べてみました。

チキン、米、家禽ミール(グルコサミン源、コラーゲン源)、コーングルテンミール、大豆ミール、とうもろこし、油脂類(牛脂、大豆油)、フィッシュミール、大豆外皮、酵母、たんぱく加水分解物、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素、ピロリン酸ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
合成着色料、香料は未使用

 

腎臓サポートはどの位の量をあげれば良いのか!?

 

腎臓への負担をサポートしてくれるタイプのピュリナワンですが、単純に沢山あげれば良いという訳でもなく遠慮して少なめにあげれば良いという訳でもありません。どの位の量が適量なのでしょうか?分からない方は参考にしてみて下さい。

 

猫の体重

一日の給与量

2kg

30g

3kg

40g

4kg

60g

5kg

70g

6kg

85g

7kg

100g

 

11歳以上優しく腎臓の健康サポート チキン

猫は7歳位から腎臓の疾患を警戒し始めた方が良いと言われています。年齢を重ねる毎に腎臓の機能は低下していきますが、残念ながら端から見て症状に気付きにくいのが現状です。

 

初期症状としても多飲多量や食欲不振などがあるのですが、猫ちゃんによっても様々な所があるので何とも言えない所ですよね。
ですので、日頃からの食事をいかに気を付けていくかが重要になっていきます。

 

病院に行き血液検査で腎臓に疾患が見つかったとなった場合に、それは初期症状ではなくてかなり症状が進行している事が多いです。もし、腎臓病が進行していた場合は完治するのはかなり難しくなっていると思って良いです。

 

腎臓病になると入院や薬、手術と費用がどんどん重なっていきます。ですので、猫ちゃんにとっての腎臓病予防はしっかりと知っておくべきです。まず出来る事はフードを腎臓サポートタイプに変える。そして、病院に行き定期的に検査をする事です。

 

この腎臓サポートタイプは良質なたんぱく質が豊富に入っています。カラメル色素が入っているのは気になる所ですが、身体に害がある程は含まれていないかと思います。勿論、香料・添加物不使用なので安心できるフードになっていますね。

価格 容量 評価
定期便1,489円 2.2kg ピュリナワン 腎臓サポート 口コミ,ピュリナワン 腎不全

 

 

<% metaKeywords %>

トップへ戻る