ピュリナワン 高齢猫用(11歳以上) 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン 口コミ

ピュリナワン『高齢猫用(11歳以上) 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン』に悪い口コミはあるの?

 

猫ちゃんは年齢を重ねるごとに下部尿路の疾患によるリスクが高まっていくと言われています。ストルバイト尿石は勿論ですが、シュウ酸カルシウム尿石の危険性が高まります。シュウ酸カルシウム尿石の場合はストラバイト尿石症の場合とは逆で、尿のpHをアルカリ性にする事が重要とされています。

 

ピュリナワンの『高齢猫用(11歳以上) 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン』はどんな口コミがあるのでしょうか?

 

高齢猫用(11歳以上) 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキンの不満な口コミ

 

 

下痢になりました・・・。

 

15歳になる猫ちゃんが下部尿路疾患に掛かったので評判の高かったピュリナワンを購入したのですが、食べて少し経った頃に下痢になってしまいました。

 

これを与えた時だけお腹が弱くなって可哀想なので止めました。


 

 

期待外れでした。

 

食欲が落ちてきた高齢の猫の為に購入してみました。価格もそこまで高くなく評判の良かったので期待していたのですが、食い付きが全く良くなかったです。突然変えたのが悪かったのかもしれないです。

 

元の餌に戻しました。


 

 

食い付きが良くなかったです。

 

好き嫌いの猫がピュリナワンのインドアキャットを好きで食べていたのですが、高齢という事もあって高齢猫用(11歳以上) 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキンを購入してみました。

 

同じピュリナワンなら大丈夫だろうと思っていましたが、全く食べてくれませんでした。慌ててインドアキャットに戻しました。


 

ピュリナワンのシリーズは基本的に評判がよいフードです。でも、猫ちゃんによっては合う合わないがあります。食い付きが良くなかったという位であれば様子を見て別のフードと混ぜて慣れさせるという事もできます。でも、明らかに健康を害するような症状が起きた場合はすぐさま止める様にしましょう。

 

高齢猫用(11歳以上) 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキンの満足な口コミ

 

 

今の所、これ以外は考えていません。

 

小さい頃から血尿が多い子だったのですが、このタイプに変えてから一切血尿が出なくなりました。

 

今、13歳ですが元気な猫です。本当に安心できるので良かったです。


 

 

20歳の老猫用です。

 

10歳を過ぎたあたりから尿路結石の持病があって下部尿路用のドライフードを欠かさない様にしています。他のメーカーの物を購入していたのですが、試しにピュリナを購入。

 

そうするとかなり気に入ったようでガツガツ食べています。尿路結石も再発することなく問題無いので続けていこうと思っています。


 

 

小分けになっているの良い。

 

2.2kgタイプを購入しているのですが、使い勝手が本当に良いです。味も問題無いみたいでかなり気に入っているみたいです。

 

価格も安心できるので他のプレミアムキャットフードと併用して利用する事が出来るのも気に入ってます。


 

『高齢猫用(11歳以上) 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン』は不満の口コミ自体がかなり少ないフードです。高評価が多くて高齢猫に食べさせると粒も小さめで食べやすそうだったという声が多く感じました。10歳を超えたあたりでフードを変更しようと考えている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

本当に安全?『高齢猫用(11歳以上) 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン』の原材料とは?

 

下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキンは、高齢猫に掛かりやすいと言われている下部尿路のケアをサポートしてくれるタイプのピュリナワンですが、本当に安全なのでしょうか?猫にとって良くない原材料が入っていないか調べてみました。

 

とうもろこし、コーングルテンミール、家禽ミール、小麦グルテン、動物性油脂、チキン、たんぱく加水分解物、卵、フィッシュミール、ラムミール、ビーフミール、ポテト、ミルクパウダー、チーズパウダー、シリアルブラン、野菜ミール、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、コバルト)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、C)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

 

中々珍しい事にとうもろこしとコーングルテンミールが使用されています。但し、とうもろこしは猫にとって与えてはいけない食べ物であると聞いた事がある方も多いかもしれません。

 

実はとうもろこし自体は猫ちゃんにとって食べてもいい食材の一つなんです。基本的には食べてはいけないというのは生で食べてはいけないという事なんです。食べる場合は茹でて食べさせると問題無い様です。

 

勿論、とうもろこしは食物繊維が豊富なので与えすぎると下痢になったりもしますので気を付けた方が良いです。そしてアレルギー持ちの猫ちゃんには食べさせるのは控えるといった事が必ず必要です。

 

もし、愛猫ちゃんが穀物類のアレルギーを持っているのであれば別の下部尿路系のフードを探される事をおすすめします。でも、アレルギーを持っていない猫ちゃんであれば健康に害のない量を配合されている上に下部尿路疾患に気を付けなければいけないマグネシウム量と尿pH量もしっかりとコントロールしてくれます。

 

これから高齢期に達する猫ちゃんがお家にいるのであれば、早い段階でフード見直しておく事をオススメします。この『高齢猫用(11歳以上) 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン』はどのフードを食べさせてあげれば良いのか分からない飼い主さんにも個人的にオススメできます。

 

どの位の量を与えてあげればいいの?目安を表にしました。

 

猫の体重

一日の給与量

2kg

30g

3kg

40g

4kg

60g

5kg

70g

6kg

85g

7kg

100g

 

高齢猫用(11歳以上) 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン

猫ちゃんは成猫になると下部尿路の疾患掛かりやすくなると言われています。そして、成猫を過ぎて年齢を重ねると更に下部尿路の病気を患い易くなってしまいます。成猫の場合はストラバイト尿石に掛かりやすいのですが、高齢猫の場合は更にシュウ酸カルシウム尿石までも心配になってきます。

 

この症状に発症してしまうと、病院に連れていき薬を処方されないと完治は難しいとされています。更に折角治ったのにも関わらず再発してしまう恐れもある為、猫ちゃんは病気で辛い思いをして飼い主さんは辛そうにしている猫ちゃんの心配を常にして、病院の費用もかなり掛かってしまうという2段階のパンチをもらってしまいます。

 

この下部尿路疾患に関しては、どれだけ普段の食事で予防をするかどうかが肝となってくるんです。一回の治療で数千円から数万円程掛かると言われているのですが、これが何度も再発してしまうといつの間にか莫大な費用が発生してきてしまいます。

 

高齢猫の場合はその他にも別の病気を発症する確率も高くなってきてしまうので、下部尿路の様な猫ちゃんにとって比較的掛かりやすい病気から予防対策をしていく事が大切になります。

 

その事も踏まえて高齢猫用の下部尿路ケアのフードを早い段階から検討するのは非常に重要なんですね。

価格 容量 評価
定期便1,489 2.2kg ピュリナワン 高齢猫用(11歳以上) 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン 口コミ,ピュリナワン 高齢 下部尿路,ピュリナワン 高齢 シュウ酸カルシウム尿石

 

トップへ戻る